注意!猫に危険な食べ物!絶対に与えないでください!

猫に危険な食べ物とは

一般的に人間の食べ物はNGです。

特に塩分や糖分が多いものが多く、猫の体には悪影響
を与えてしまいます。
「猫に危険な食べ物とは何でしょうか??」
知っているようで以外と知らなかったこともあるかもしれません!

コーヒーや紅茶、アルコール飲料なども絶対に部屋に放置しないようにしてください。

人と猫では必要な栄養素のバランスが違い、消化機能も違います。
猫が食べると消化不良や中毒などを起こす食品もあるため、人間が食べているものはあげないようにしましょう。


少しでも食べさせてしまうと、
味を覚えて欲しがるようになってしまい要注意です!

そのため、キャットフードを食べなくなることもあります。
猫の食事には、品質のいいキャットフードを与えること。

キャットフードに関しても、猫が成分の悪いフードで病気にならないように、猫の健康を考えればこそ
原材料、成分表示をよく見て、良いものを選ぶようにしましょう。

ねこちゃん達の食べ物についての会話

レナ
猫に危険な食べ物って何があるの?

モコ
いっぱいあるニャン!
怖いニャ!

レナ
ワタチ、噛み癖があるから
誤飲に気をつけニャいと
いけないニャン!

モコ
人間の食べ物は
食べられないニャン!

猫に危険な食べ物の種類!

×ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニラなど)
アリルプロピルジスルフィドという成分が原因で貧血や急性腎障害を引き起こす可能性がある。
赤血球を壊す成分が含まれるため、貧血や血尿などを引き起こす。
ハンバーグなど玉ねぎが入っている加工品や煮汁が入っているものも避ける。
×ぶどう・レーズン
嘔吐や下痢、腎機能障害につながる恐れあり。パンやクッキーに入ったものも要注意!

×カカオ類(チョコレート、ココアなど)
下痢や嘔吐、けいれんなどの症状になる。バレンタインシーズンには特に気をつけるべき。

×アボガド
果肉に含まれるペルシンという成分が中毒症状を起こし、けいれんや呼吸困難の原因となる。

 

×イカ、スルメ 、エビ、かに、たこ、人間用の牛乳、キノコ類、こんにゃく
ビタミンB1が破壊され、大量摂取でふらつきや神経障害に。消化不良も起きやすく、下痢の原因になる。

 

×硬い骨(鶏、鯛の骨など)
細かく噛み砕けずにそのまま飲み込んでしまい、食道や消化器官を傷つけてしまう。

×生の魚介類
サバなどの青魚は食べすぎて黄色脂肪症に。アワビやサザエ、トリガイなどの貝類もNG。

 


×豚肉(生)

寄生虫のトキソプラズマに感染することがある。
排泄物から人間に感染するこごもあり危険。

×生卵
大量摂取でビタミンの一種であるビオチンが体内で破壊されて皮膚炎や結膜炎の原因になる。

 

×野菜類
セルロースが分解できず、大量に食べると胃腸に負担をかけて下痢や便秘の可能性がある。

その他、与えると体によくないもの

■人間用に味付けされたもの(砂糖や塩、調味料など)
■糖分が多いもの(ケーキ、菓子など)
■塩分が多いもの(ハム、ソーセージ、菓子など)
■油分が多いもの(ベーコン、ハムなど)
■牛肉、牛レバー
※ハムなどの場合、塩分濃度はキャットフード(総合栄養食)の何倍にもなるので、
与え続けると猫の体に負担になる。
糖分や油分の多い食品も肥満のもと。

ちょっと目を離したスキについ猫が食べてしまう場合があるので、
猫が出入りする場所には絶対に置かないよう注意が必要です。

その他、猫に危険な物!

×コーヒー、紅茶、アルコール飲料なども部屋に放置しないこと!
下痢、嘔吐、異常な興奮、コーヒーなどカフェインを含むものもダメ。
×猫のいる場所に観葉植物は置かない!毒性の植物
ユリやポインセチア、シクラメン、つつじ、すずらん、とりかぶと、ひいらぎ、ジャスミン、ブルーベル、あさがお、
ふじ、イヌサフランなど。などは誤って食べると中毒が起る。
×危険物の誤飲に注意!
人間用の薬やサプリメントは手の届かない所へ。
小さいオモチャ類等も誤飲することがある。
猫オモチャ類なども種類によっては咬みちぎったり、飲み込んだりしないように
飼い主がそばにいてきちんと一緒に見守って遊んであげること。

エポ
危険な食べ物は
匂いでわかるときもあるけど
わらないときもあるニャ!

ルネ
猫からのお願いニャン!
人間と猫の食事は違うニャから
気をつけてほしいニャ~!

モコ
食べ物で病気したくないニャ!
よろしくお願いしますニャン!

最後に ~ドライフードとウエットフードについて~

キャットフードには「総合栄養食」「一般食」がありますが、猫は、総合栄養食を主食として
与えるのに適したフードであるのに対し、
一般食はいわゆるおやつなどに相当します。
一般食だけでは栄養が偏るため、あくまで補助的に与えるものと認識しましょう。

他に特定の病気の猫に向けた療法食もあります。同じ総合栄養食でも種類は実に豊富です。

一概にどれがいいとはいえないのが難しいところといえます。

猫によっても好みも異なりますし、いろいろ試したりしてもよいかもしれません。
その際には、原材料や成分も確認すると良いでしょう。

手作り食というのもありますが、ある程度の知識が必要となりますので難しいと考える人も少なくありません。

ドライフードが中心の場合は水分補給が不十分となり、腎不全となりやすいため、
水分補給をしっかりとれるようにしてあげましょう。


ウエットフードはその点では水分量は多いですが、一度開封すると使い切るのが原則です。
また食べかすが歯に付いて歯石ができやすいというデメリットもありますので、
歯周病にも気をつけたいところです。歯磨きも必要となってきます。

フード選びは、飼い主の悩むところですが、いろいろ試して、
愛猫の健康長寿のため、ドライとウエット、交互に工夫して与えてあげてもよいですね。




関連記事
可愛い猫との暮らし&飼い方&猫の健康と病気・知っておきたいネコ学😺
お問い合わせ、コメント、メッセージをどうぞ💕
メールフォーム
当サイトに関しまして、コメント、お問合せ事項等、ございましたら、
下記フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。

こちらからメッセージをお送りください。
※お名前は、ハンドルネームでも可
お名前必須
メールアドレス必須
題名
メッセージ本文
サイト名

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

YouTube猫動画~Cat love CH~

チャンネル登録→感謝!😺💖🎶

カリカリーナの上でひょうきんポーズするレナちゃん😺BGM音も癒されます🍀
カリカリーナの夏限定に大満足の猫ちゃん達😺音楽も癒されます🍀






Twitterでフォローしよう

おすすめの記事